マンチェスター・シティとの頂上決戦に挑むリヴァプール。

プレミアリーグの2月月間MVPを受賞したカメルーン人DFジョエル・マティプは、シャルケ時代に内田篤人とプレーした選手だ。内田はDAZNの『FOOTBALL TIME』でこんな話をしていた。

内田篤人

「マティプくん、僕、同部屋でしたので。

(身長が大きいので)小っちゃいベッドから足が出てましたから。

195cmもあったっけ、彼!?

(当時から)デカかったですよ、とりあえず、靴も30cmくらいあったんじゃないかな。

俺、靴を履いたまま、彼のスパイクを履こうとしてたもん。

(そういう)ボケをやってました。『いや、ウッシー』と言われましたけど。すごいイイやつでね。

30歳!?そら、年取るわ、みんな。だって、あいつ入ってきたの、19歳とかじゃなかった?マガト監督が下から上げた。

すげぇノソノソした選手だなって思ってたけど、めちゃめちゃ足速いすからね。

俺、後ろから追い抜かれたことが何回もあるもん。速ぇと思って。僕も足速いほうでしたけど。

試合に出始めたら、ぐんぐんぐんぐん伸びていって」

「(パス出し、持ち上がりのスタッツが高いが)

シャルケの時はそんなことなかったけどなぁ…。

俺『(ボールを)貸せ!』って言ってたもん。持ち上がっても、取られてカウンターみたいなのがたまにあったから。

すぐボールをくれっていつも言ってたけど、こんなになっちゃうんですねぇ」

内田の3歳年下であるマティプは2009年に弱冠18歳でシャルケにデビュー。長身で身のこなしが緩いように見えるが、内田も敵わないほどの速さを持っていたとのこと。身体能力に優れた彼はスピードも武器にしていた。ただ、当時は今ほど足元がいいイメージがなかったとも。

 

【動画】CBなのに!マティプ、リヴァプールでやった仰天ゴールシーン

そのマティプをリヴァプールは0円で獲得しており、かなりのお買い得となったといえる。