悲願のプレミアリーグ制覇に一歩ずつ近づいているリヴァプール。

ここでは、『sportskeeda』による「リヴァプール史上最高のフリー移籍TOP5」を見てみよう。

コロ・トゥレ

コロ・トゥレ

2013年5月、マンチェスター・シティからフリー移籍で獲得。2年契約と背番号4が手渡された。

トゥレ兄弟の兄であるコロはすでにアーセナルとシティでリーグ優勝を経験していた。ガナーズでは有名な“インヴィンシブル”の一員に、シティでは44年ぶりのリーグ制覇の一員に。

2013-14シーズン、プレミアリーグ優勝に迫ったリヴァプールでも大きな役割を担った。ピッチ外でも愛嬌あるキャラでレッズファンに愛されたが、2015-16シーズン終了後にセルティックへフリー移籍。