4月9~10日に行われた2022年関西サッカーリーグの開幕戦。淡路島のアスパ五色に1部~2部に所属する16チーム(2チームのみ別会場)が集まり、熱い戦いが繰り広げられた。

2日目の第2試合では、あの佐野裕哉氏が監督に就任して話題になったCento Cuore HARIMA(チェントクオーレハリマ)が登場。

かつては「セントラルSC神戸」「バンディオンセ神戸」などという名前で活動していたが、幾度かの名称変更を経て現体制に。改めて播磨地域からJリーグを目指しているクラブだ。

そこでプレーしていた佐野裕哉氏は、昨年限りで現役を引退してそのまま監督に就任。高校時代は小野伸二らと並ぶ「天才」と呼ばれた名選手が、指揮官として初めてのリーグ戦に臨んだ。

その相手となったのは、2年前にはリーグ2位で地域サッカーチャンピオンズリーグにも出場したASラランジャ京都。

よりボールを握ったのはCento Cuore HARIMAであったが、ASラランジャ京都も反撃から決定的なチャンスをいくつも作り出す激戦に…。

【動画】Cento Cuore HARIMA、あの佐野裕哉 ”新監督”が初陣を飾る。ラランジャ京都との開幕戦に密着した【関西リーグの2番目に長い日】

先制点は前半終了間際に生まれる。Cento Cuore HARIMAの上村岬が長距離のフリーキックを直接決め、ハーフタイムを前にスコアを1-0とした。

ラランジャ京都が81分にセットプレーの流れから高橋周也のゴールで追いつくも、その5分後にふたたびCento Cuore HARIMAが追加点。最終的には2-1という結果となった。

佐野裕哉(Cento Cuore HARIMA監督)

「試合に勝つというのは簡単なものではないし、自分が選手としてやるよりも緊張しましたね。

監督の仕事はトライ&エラーだと思います。今日起きたことを次にどう生かしていくか。できたことは何だったのか、できなかったことは何なのか。しっかり1週間練習に取り組んで、次の試合に向けて…その繰り返しですね。

自分は理論立ててやっているところと感覚でやっているところがありますが、後者を言葉にするのはなかなか難しいです。どういう言葉を使えばいいのか、どのタイミングで喋れば理解してもらえるか、すごく考えますね。

(いい監督人生のスタートになりましたね)

はい、老けそうです(笑)」

勝利で今年をスタートできたCento Cuore HARIMAの次の試合は、4月17日のFC AWJ戦。「新たな兵庫ダービー」の会場は同じアスパ五色だ。

そして惜しくも勝点を落としたASラランジャ京都は4月16日、京都の太陽が丘陸上競技場で飛鳥FCとの対戦となる。