今月、トレーニングの時間をより早めているリヴァプール。朝からのセッションスタートとなっており、午前中の間にできるだけ終わらせるようになった。

『beIN SPORTS』によれば、今回サディオ・マネがその理由を明かしたという。

リヴァプールにはモハメド・サラー、イブラヒム・コナテ、ナビ・ケイタ、そしてサディオ・マネとイスラム教徒が4名存在している。

彼らは4月2日から5月2日までラマダン(断食月)であり、日中は食べ物を口にすることができない。

そのため選手はキャプテンのジョーダン・ヘンダーソンに相談し、彼がユルゲン・クロップ監督に直訴を行って練習時間の変更を認めさせていたという。

サディオ・マネ

「ラマダンの間にプレーやトレーニングするのは簡単ではないんだ。しかし我々はこの月の前にヘンダーソンと話をして、監督に練習のスケジュールを朝にしてくれるようにお願いしてもらうことにしたんだ。

我々にとっては楽になるよ。朝に練習が終われば、家に帰って休むことができる。2~3部練習になると大変だよ。

監督はそれを了承してくれたし、我々にとっては楽だ。ベストを尽くすべく努力するよ。

ラマダンは難しいものだけど、リヴァプールはあらゆることでサポートしてくれる。栄養士のモナとも相談していて、彼女がすべてをより容易にしてくれているよ。特に試合の前日はね」

【写真】リヴァプールを「フリーで退団」した10選手、今どうしているのか

なお、リヴァプールは28日に行われたチャンピオンズリーグの準決勝1stレグでビジャレアルに勝利。このラマダン対応で恩恵を受けたサディオ・マネもゴールを決めているぞ。