スコットランドリーグで2シーズンぶりの優勝を決めたセルティック。

6-0で大勝したマザウェルとの最終戦では、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介の日本人選手4人も歓喜に沸いていた。

『Daily Record』では、日本人通訳にも優勝メダルが渡されていたとしつつ、こう伝えていた。

「当然のメダル。

セルティックの日本人通訳にリーグ優勝メダルが授与された。

アンジ・ポステコグルー監督のチームには日本人選手が4人いる(亨梧、前田、旗手、井手口)。スタッフメンバーも身を粉にして働いた。当然の授与者だろう」

日本人選手たちを陰で支えた通訳も確かな貢献をしたと評価しているようだ。

【動画】これは一生モノの感動!選手目線で見るセルティック優勝の荘厳シーン

なお、古橋は「No better feeling! Best way to end the season at home with the fans! The title is our!リーグチャンピオン。ホーム最終戦で素晴らしい勝利ができて嬉しいです!最高」と英語と日本語で歓喜のツイートをしている。