6月にインターナショナルマッチを戦う各国代表。

オランダはMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが事前選考から漏れた一方、FWフィンセント・ヤンセンはリスト入りした。

27歳の彼はトッテナムで不発に終わった後、メキシコに移籍。最後に代表戦に出場したのは2017年まで遡る。

ただ、『De Telegraaf』によれば、ヤンセンはベルギーとのUEFAネーションズリーグ初戦は欠場するという。その理由は結婚。

試合翌日に結婚式を挙げるため、6月3日のベルギー戦は欠場するとのこと。

母親が「結婚式は間違いなく行います。息子はその準備に1年間も取り組んできましたから。彼は代表復帰に仰天していましたよ。でも、まだ事前選考に過ぎませんから、興奮する理由はありません」と語ったという。

この時期に結婚式を入れるということは、本人も代表復帰を全く予想していなかったようだ。

【動画】なぜ代表復帰…忘れられた男ヤンセンの鬼ゴール

現地でも意外な代表メンバー入りと伝えられている。ただ、ベルギー戦の後に行われる3試合にも出場するかは未定のようだ。