日本サッカー協会(JFA)は24日、6月1日から開幕するAFC U-23アジアカップに向けたメンバーを発表した。

そのリストは以下の通りとなった。

GK:

小久保 玲央ブライアン / Kokubo Leobrian
(SLベンフィカ / POR)

佐々木 雅士 / Sasaki Masato
(柏レイソル)

鈴木 彩艶 / Suzuki Zion
(浦和レッズ)

DF:

内野 貴史 / Uchino Takashi
(フォルトゥナ・デュッセルドルフ / GER)

西尾 隆矢 / Nishio Ryuya
(セレッソ大阪)

加藤 聖 / Kato Hijiri
(V・ファーレン長崎)

馬場 晴也 / Baba Seiya
(東京ヴェルディ)

半田 陸 / Handa Riku
(モンテディオ山形)

畑 大雅 / Hata Taiga
(湘南ベルマーレ)

鈴木 海音 / Suzuki Kaito
(栃木SC)

チェイス アンリ / Chase Anrie
(VfBシュトゥットガルト / GER)

MF:

松岡 大起 / Matsuoka Daiki
(清水エスパルス)

斉藤 光毅 / Saito Koki
(ロンメルSK / BEL)

小田 裕太郎 / Oda Yutaro
(ヴィッセル神戸)

山本 理仁 / Yamamoto Rihito
(東京ヴェルディ)

藤田 譲瑠チマ / Fujita Joel Chima
(横浜F・マリノス)

三戸 舜介 / Mito Shunsuke
(アルビレックス新潟)

松木 玖生 / Matsuki Kuryu
(FC東京)

FW:

藤尾 翔太 / Fujio Shota
(徳島ヴォルティス)

細谷 真大 / Hosoya Mao
(柏レイソル)

鈴木 唯人 / Suzuki Yuito
(清水エスパルス)

メンバーにはJリーグですでに出場を重ねている選手が名を連ね、ドイツに移籍したチェイス・アンリも飛び級で参加。松木玖生や鈴木唯人など注目のプレーヤーがてんこもりのリストとなっている。

【写真】日本代表で長友の座を奪いうる「6人のJリーガー左SBたち」

なお、今回のU-23アジアカップは何らかの大会の予選を兼ねていないため、純粋にこの大陸の覇者を決めるためのガチンコ対決である。