かつてサミュエル・エトーやロベルト・カルロス、ウィリアンらを獲得するなど金満チームとして名を馳せたロシアのアンジ・マハチカラ。

『TASS』によれば、そのアンジはクラブ消滅の危機にあるという。

ロシアサッカー連合(RFU)が来季のプレーライセンス発行を拒否したとのこと。

アンジの関係者は「5月30日にライセンスを取得するはずだったが拒否された。RFUに控訴する。正式決定は6月6日に下る。それ以上の上訴はできない」と述べたそう。

【動画】ちょうど25年前!ロベカル、伝説の鬼逆曲がりフリーキック

現在、アンジはロシア3部リーグに所属している。もし、ライセンス発行が拒否された場合、プロクラブとしては存続できなくなるとのこと。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名