2014年から2016年までマンチェスター・ユナイテッドの監督を務め、FAカップ優勝を果たした直後に解任されたルイス・ファン・ハール氏。

【動画】スモーリングの名前を間違えたり、審判への抗議でピッチに倒れる…ファンハール最高の5場面

現在はオランダ代表チームの監督を務めており、今年末のワールドカップ2022まで指揮を執る予定となっている。

『Besoccer』によれば、彼は今回行われたUEFAネーションズリーグの記者会見でマンチェスター・ユナイテッドについて聞かれ、以下のように話したという。

ルイス・ファン・ハール

「マンチェスター・ユナイテッドには新しいリーダーシップがある。かつてはエド・ウッドワードであったが、今はリチャード・アーノルドだ。

それが違いを生む可能性がある。我々はそれを見守っていく必要がある。エリック・テン・ハフは自信を持っているよ。それについてなにも言うことはないさ」

2012年からマンチェスター・ユナイテッドのCEOや副会長を務めてきたエド・ウッドワード氏は、クラブの補強などを担当してきた重要人物だ。

ルイス・ファン・ハール氏はウッドワード氏が商業的な点を重視しすぎていることを批判的に見ており、以前から苦言を呈していた。