U-21日本代表は現在、ウズベキスタンで開催中のU-23アジアカップに参戦している。

9日にはグループステージ第3節でタジキスタン代表と対戦し、3-0で勝利。その結果グループ2位での決勝トーナメント進出が決まり、準々決勝で韓国代表と対戦することになった。

試合後、豪快な先制ゴールを決めた松木玖生(FC東京所属)がフラッシュインタビューに登場し、韓国戦に向けて以下のように語った。

松木玖生(U-21日本代表MF)

「(先制ゴールは)まずこぼれ球で上手く(馬場)晴也君が自分のところを探してくれて、良いパスがきたのでそれを冷静に流し込むことができました。

(次は韓国戦だが?)

もちろん次もタフな戦いになりますけど、2位通過ということで韓国とやれる機会がある。そこは自分たちらしいサッカーをしたいと思っています」

日本と韓国の準々決勝は、現地時間12日に行われる予定となっている。

【写真】日本代表の希望!W杯メンバー入りしうる11人の原石たち

この試合の模様はDAZNで視聴することができる。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★