レアル・マドリーへの移籍ではなく、PSGへの残留を決断したフランス代表FWキリアン・エムバペ。

もはや国民的ヒーローといえる存在だが、EURO2020ではPK失敗で戦犯扱いされた。

そうしたなか、フランスサッカー連盟のノエル・ルグラエ会長の発言が話題になっている。『JDD』のインタビューでこう述べたのだ。

ノエル・ルグラエ会長(フランスサッカー連盟会長)

「EUROでのPK失敗とネット上での批判があった後、彼は連盟から守られていないと感じていた。

我々はオフィスで5分ほど会った。

彼は怒っていたし、もうフランス代表ではプレーしたくないと思っていた。本心ではなかったがね。

彼は勝者なので、我々と同じように敗退にとても苛立っていたんだ。

彼は素晴らしい子さ、皆が思っているよりも集団的な人間だ」

これにエムバペ本人が反応。「僕は彼に説明した。人種差別が問題であり、PKのことではないと。でも、彼は人種差別はなかったと考えていたようだ…」とツイートした。

【関連】レアル「エムバペの代わりにターゲットにしうる5人のスター」

フランス代表から引退しかけた理由は、PK失敗による批判ではなく、人種差別だったと指摘。会長がそれを無視したことに我慢ならなかったようだ。