現在補強を進めるために不要な選手の売却を進めているバルセロナ。経済的な状況が悪いため、まずは資金を調達する必要がある。

『Deportes Cuatro』によれば、チャビ・エルナンデス監督はいまのところ9名の選手に退団を促しているとのこと。

直接その選手たちには「チームの中で戦力として考えていないため、キャリアを考えれば次のクラブを探してくれ」と伝えているという。

その選手たちはネット、ウンティティ、ラングレ、ミンゲサ、セルジーニョ・デスト、リキ・プーチ、ブライスウェイト、ピャニッチ、そしてトリンコン。

それを前向きに受け入れた選手も、あるいは拒否した者もいたとのことだが、どちらにせよオファーがなく売却が進んでいないようだ。

その拒否した選手は6名で、ウンティティ、ラングレ、ネット、リキ・プーチ、ブライスウェイト、そしてピャニッチであるとのこと。

ウンティティとラングレ、ピャニッチ、ブライスウェイトは契約条件がかなりいいためそれを全うしたいと考えているそう。

【写真】グアルディオラ政権以降に「バルセロナで失敗したスター選手」

彼らが現金化出来ない状況が続けば続くほどに補強が遅れてしまうため、バルセロナとしては動きようがない展開になっているようだ。