今年1月にセルティックに移籍した旗手怜央。

来シーズンに向けたオフの最中にあの人と対面していた。かつてセルティックで活躍した中村俊輔だ。

旗手は「I met Shunsuke Nakamura-san during my holidays.Thank you for all the stories you shared with me! ありがとうございました」とコメント。偉大な先輩からセルティック時代の話を直接聞くことができたようだ。

この話をスコットランドメディアもこぞって伝えている。

『The Scottish Sun』では、「旗手がセルティックのレジェンドである中村と夢の対面。現在、セルティックには4人の日本人が所属しているが、中村が残した遺産に近づくには何か特別なものが必要になる。2005年に加入した中村はすぐさまサポーターのお気に入りになった。100試合以上に出場し、クラブ史上最高のフリーキッカーのひとりと称された。2007年にはバロンドールにノミネートされ、スコットランドの年間MVPも獲得。CLで日本人初の得点者にもなった」と伝えている。

また、『Daily Record』は「旗手はクラブのレジェンドと夢の対面を果たす。スコットランドに戻るうえで、中村俊輔ほどアドバイスを貰うのに適した存在はない」、『Football Scotland』も「旗手がセルティックのアイコンである中村と出会う。セルティックの象徴的存在としてこれ以上の人物はいない」と伝えている。

俊輔はいまでもスコットランドでは大きな存在のようだ。

【動画】愛されてる!中村俊輔、セルティック公式がつくった全ゴール動画

俊輔は6月24日の誕生日で44歳になったが、セルティックも全ゴールをまとめた動画をわざわざポストしている。