100メートル走の世界記録を持つウサイン・ボルト。地上最速スプリンターとして君臨した彼はサッカー好きとしても知られていた。

陸上競技から引退した2018年にはAリーグのセントラルコースト・マリナーズに練習生として参加。

ただ、チームからのオファーは1年間の契約で15万ドル(2000万円)だったが、ボルト側は300万ドル(4億円)ほどを求めたことで契約は破談に終わった。

それから4年が経つなか、ボルトが奇妙な批判をしたと話題になっている。『FOX Sports』によれば、こんな話をしていたそう。

ウサイン・ボルト

「自分はミスをした。陸上から引退した時、ヨーロッパにいたくなかったのはメディアのせいだった。

それでオーストラリアに行ったが、サッカーのレベルはよくなかった。ヨーロッパに残るべきだった」

オーストラリアはサッカーレベルがよくなかったので、欧州を離れたのは間違いだったと述べたという。

【動画】ゴミレベル!?ボルト、キャラガーを赤っ恥にしたゴールシーン

この発言はオーストラリアで物議を醸しているようだ。

コメンテイターのサイモン・ヒルは「素晴らしいアスリートだが、プロサッカー選手には程遠い。この手のPRがなくなったのはありがたいこと」、リポーターのジェームズ・トッドも「マリナーズの練習を見たが、彼はゴミだった。どんなによくても、草サッカーレベル」、ベテランジャーナリストのレイ・ガットも「彼は練習についていけなかった。タッチもポジショニングも最悪」と批判している。