日本人4選手が所属するシント=トロイデン。

現在無所属の元日本代表FW岡崎慎司は練習参加でチームに加わっており、決起集会にも参加した。

香川真司、シュミット・ダニエル、林大地、橋岡大樹との5ショット!岡崎と香川のダブルシンジも実現。

ただ、ドイツ人DFトニ・ライシュトナーは「招待ありがとう」とコメントしているので、日本人選手以外も一緒だったようだ。

【関連】俺を忘れるな!2022年W杯までに復活すべき日本人8名

岡崎はあくまで練習参加で、実際に契約を結ぶ可能性はそれほど高くないとされている。

ただ、『HLN』によれば、DFヴォルケ・ヤンセンスは「練習で彼にすごい感銘を受けた。非常にクイックでボール保持力もある。岡崎と契約する?彼はフィットネスを保つことを第一に考えているけれど、STVVはすぐにでもオファーするだろう。36歳だけど、いまだに優れた選手だ」と岡崎を絶賛していたとか。