今夏のマーケットでリヴァプールからバイエルン・ミュンヘンへと移籍することになったセネガル代表FWサディオ・マネ。

2016年から長く時間を過ごしてきたリヴァプールで269試合に出場し、120ゴールを決め、6つのビッグタイトルを獲得。それから新しい挑戦を求め、ドイツへ渡ることを決断した。

【動画】客席に上がって「トーマス・ミュラー」と歌うサディオ・マネ

そし先日『Bild』の記者クリスティアン・ファルクが伝えたところによれば、マネはなんとリヴァプールでお世話になった方に感謝を伝えるプレゼントを送っていたとのこと。

しかもそれは選手やスタッフだけではなく、警備員や清掃員に至るまでが対象で、およそ150セットの写真、チョコレート、手書きの手紙が贈られたという。

セネガルでは多くの病院やモスク、学校の建設に資金を提供するなど、人道的な活動に積極的な姿勢を示しているマネ。

さらに今回古巣であるリヴァプールに対してのこの心遣い。その行動には多くのファンが拍手を送っているようだ。