日本代表はドイツで行われたエクアドル代表との親善試合に0-0で引き分けた。

GKシュミット・ダニエルは相手のPKを阻止するなど存在感を発揮。

W杯で対戦するスペインのメディアも「ルイス・エンリケ監督は日本代表GKの質の高さに注目すべき」と伝えていたほか、エクアドル側の記者も「キャプテン翼の若島津健だ」とツイートしていた。日本が世界に誇る『キャプ翼』に登場する超守護神のような活躍だったということだろうか。

【動画】キャプ翼級!?シュミット・ダニエルが日本を救った神セーブシーン

一方、シュミット本人は「コーナーキックでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが結構大変で。でも、そこで危ないプレーもありましたけど、何とかゼロで抑えられて、PKも止めれてよかったです」とコメント。今後はシント=トロイデンでのプレーを磨くとも述べていた。