あの元ポルトガル代表選手ルイス・フィーゴらが、サッカーに関するギネス記録を樹立したとのこと。

今回フィーゴらが挑戦したのは、高度2万フィ―ト(およそ6000km)を飛ぶ飛行機のなかでのサッカー。しかも急上昇と急下降によって無重力に近い空間を作り出したなかでの試合だ。

全世界から集められた8名が2チームに分かれ、重力が少なくなった空間の中でボールを蹴り合っていた。その模様が話題になっているぞ。

【動画】天井に捕まりながらフィーゴがシュート!

この試合を行ったことにより、ルイス・フィーゴらは「パラボリックフライト(放物飛行)中に行われた最高高度の試合」というギネス記録を更新した。