今夏のマーケット最終日にユヴェントスからリヴァプールへとローン移籍していたブラジル代表MFアルトゥール・メロ。

【動画】リヴァプール加入の喜びを語っていたアルトゥール

怪我人続出の中盤にできた穴を埋めるための緊急補強であったが、アルトゥール自身がコンディション不良になり、先日からはトップチームの練習からも外されていたという。

そしてU-21のカテゴリでリーグ戦に出場することを余儀なくされており、もちろんこのインターナショナルマッチウィークでも代表に招集されることはなかった。

かなり苦しい状況にあるアルトゥールであるが、しかしこのインターナショナルマッチウィークで試合がない状況となった際の態度が話題になっているようだ。

ジャーナリストのニール・ジョーンズ氏が報告したところによれば、アルトゥールは休日を返上して練習に取り組んでいたという。

バリー・ルータス

「アルトゥールは1週間の休暇を取ることができたかもしれない状況だった。しかし彼はそれを望んでいなかったんだ。

彼はコンディションを高めたい、健康になりたいと思っている。それは彼のプロフェッショナリズムのレベルを証明しているよ。

彼とともに働くことができるのは本当にいいものだ」

アルトゥールの契約には3750万ユーロ(およそ52.7億円)での買い取り条項が付随しているとされる。中盤戦以降での活躍で、それを行使させるだけの実力を見せつけることができるだろうか?