UEFAチャンピオンズリーグ第3節、フランクフルトはホームでのトッテナム戦に0-0で引き分けた。

鎌田大地と長谷部誠は揃ってフル出場。試合後、オリヴァー・グラスナー監督はこう述べていた。

「選手たちを祝福する。とてもいいパフォーマンスだった。

誰もがトッテナムの質の高さを目の当たりにしたはずだ。両チームにチャンスがあったし、引き分けでOKさ。

長い時間、相手に立ち向かったし、勇敢で何度も相手のプレッシャーから抜け出した。勝点1でも十分だ。

マコトはあのワールドクラスのストライカー相手に素晴らしい仕事をしたよ。

我々は自信を見せつけたし、ポジショナルプレーもとてもよかった」

38歳になった長谷部は3バックの中央でプレーし、イングランド代表FWハリー・ケインと対峙。やり合いになる場面もあったが、監督はそのプレーを高く評価していた。

【関連】日本代表、2022年W杯メンバーから落選しうる4人の選手

一方、トッテナムDFクレマン・ラングレは「守備はとてもよかったが、チャンスを仕留めるべきだった。僕らには3人のワールドクラスのアタッカー(ケイン、ソン・フンミン、リシャルリソン)がいるが、今日はそうならなかった。そういうこともある」とこぼしていた。