今夏にマンチェスター・ユナイテッドからの退団を希望していたクリスティアーノ・ロナウド。

結局、残留することになったが、2度目の規律違反で一時的にチームから追放されるなどその立場は微妙なものになっている。

『Sky』によれば、クラブ内ではロナウドが1月に退団すると予想されているという。

上層部はエリック・テンハフ監督のスカッドを強化しつつ、クラブ内に平穏を取り戻そうとしているとのこと。

すでに代役探しも始まっており、バイエルンFWエリック・シュポ=モティングらが候補になっているとか。

33歳のシュポ=モティングとバイエルンとの契約は今季限り。彼はサッカー人生で一度も移籍金が発生したことがない選手でもあるが果たして。

【関連】ユナイテッドが獲得した「最も高額なアラサー助っ人」10人

なお、ロナウドの移籍先としては、古巣スポルティングも選択肢になっているようだ。