11月20日に開幕を迎えるワールドカップ2022。カタールが会場ということでスケジュールが冬になり、いままでにない大会となっている。

その結果についてはさまざまな関係者や評論家が予想しているが、『ESPN』に話したカメルーンサッカー連盟会長のサミュエル・エトーは「アフリカ対決」になると語っていた。

サミュエル・エトー

「長年にわたって、アフリカのチームはますます多くの経験を積んでいる。ワールドカップに参加するだけではなく、勝つ準備もできていると思う。

カメルーンは、ワールドカップの決勝でモロッコと対戦して勝つだろう。

モロッコはスペイン、ポルトガル、フランスに勝つ。カメルーンはイングランド、ベルギー、セネガルを破って決勝に行く。

そして、我々のサッカー連盟の会長として、カメルーンがワールドカップで優勝するのを楽しみにしているよ」

なお、エトーは先日『FIFA』の公式サイトで「ワールドカップになぜ勝てないのかわからない。モンスターやエイリアンになる必要はないんだ。良い準備と、強いメンタルと、ちょっとした狂気さえあればいいんだ」と語っていた。

アフリカのチームはこれまで準々決勝を超えたことがなく、カメルーン、セネガル、ガーナがそれぞれベスト8に1度ずつ進出したのみだ。

【写真】才能の宝庫!アフリカ杯参加の「最強若手」TOP8

ただエトーは今回その記録は破られると感じており、アフリカ勢が大きな飛躍を遂げるだろうと確信しているよう。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★