23日に行われた日本戦の開始前、ドイツ代表チームの選手たちは口を手で覆うジェスチャーをし、抗議活動を行った。

今回のワールドカップにおいて、ドイツ、イングランド、そしてウェールズの3カ国が計画していたのが「OneLove」キャンペーン。性的マイノリティーの権利保護を訴え、虹色のアームバンドを着用しようというプランだった。

ただ、FIFAはそれを認めず、もし強行するようであれば試合開始と同時にイエローカードを出すという通達を行っていた。

そのため、ドイツ代表チームは虹色アームバンドの着用を断念した上で、言論の自由を訴えて口をふさぐポーズをしたというわけだった。

【動画】何度見てもいい…ドイツ代表を撃破した浅野拓磨のジャガーゴール

『Mirror』によれば、今回その事件について言及したのはベルギー代表のMFエデン・アザール。他のチームの振る舞いについて聞かれた彼は、以下のように語っていたとのこと。

エデン・アザール

「我々はサッカーをするためにここへ来ている。だからそれについて話すのは気が進まない。

僕はイエローカードを貰って試合を開始したくはなかった。なぜかといえば、今後の大会に心配事を加えたくはなかったからだ。ドイツはあれをやらないほうが良かっただろうね。勝利するためには。

サッカーをプレーするために我々はここにいる。そして僕は政治的なメッセージを送るためにここにいるわけじゃない。それをやるのに適した人は他にいる。

我々は、サッカーに集中したいんだよ」