28日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022のグループステージ第2節、カメルーン対セルビアは3-3というスコアで終わった。

試合開始からまもなくカメルーンが先制するも、前半アディショナルタイムでセルビアが立て続けにゴールを決めて逆転。

しかしながら、後半選手交代を行ったカメルーンがペースを取り戻し、オープンな殴り合いの中で2ゴールを決めて同点に追いつき、3-3で終了した。

これでカメルーンは勝ち点1を獲得することに成功したのだが、なんとこれは同国にとって2002年大会以来20年ぶりのポイントであった。

2002年:

ドイツ戦:0-2●

2010年:

日本戦:0-1●

デンマーク戦:1-2●

オランダ戦:1-2●

2014年:

メキシコ戦:0-1●

クロアチア戦:0-4●

ブラジル戦:1-4●

2022年:

スイス戦:0-1●

【写真】才能の宝庫!アフリカ杯参加の「最強若手」TOP8

なんとこれまで8試合にわたってワールドカップでの連敗が続いており、実に20年ぶりの勝ち点獲得であった。

サミュエル・エトー会長が就任して以来改善を続けているカメルーンサッカー。これからの飛躍も期待できそうだ。