1日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022のグループステージ第3節、日本代表はスペインを相手に逆転勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

前半開始からまもなく失点するも、後半スタートから三笘薫と堂安律を投入してペースを高め、立て続けに2ゴールを奪取。ドイツ戦のように試合をひっくり返してみせた。

【動画】残した三笘薫!押し込んだ田中碧!歴史を変えた!

試合後、フラッシュインタビューに応えた田中碧は以下のように話していた。

田中碧

「前回負けて、行けないんじゃないかという雰囲気はあったんですけど、自分たちは信じていましたし。

今日のスタジアムもそうでしたけど、たくさんの方が応援してくれたので、そのおかげでしっかり勝てて決められたので、良かったと思います。

後半の入りについては、ある程度ドイツ戦をイメージしていました。前半ゼロで進めるのが理想でしたけど、1失点したのは仕方がないのかなと思いつつも。

ただ後半、(堂安)律のシュートから始まってしっかり逆転できたのは、ちゃんと力があったからやれたことだと思います。

逆転ゴールについては、自分は自分を信じていましたし、ちょっと前からワールドカップで点を取ることをイメージしていたので。それを実行できてよかったなと思います。

今日の試合もそうですし、本当に誰が出てもいい。素晴らしい選手がたくさんいて、みんなで勝ち取った勝利です。

ただまだ何も成し遂げていないですし、次の試合が新しい歴史の始まりだと思います。そこに向かってまたしっかりと準備したいと思います。

次はクロアチア戦ですが、ここまで来たらどの相手も強いチームだと思うので、自分たちに集中しながら、できることをやるのが一番大事です。

今日は少し喜びたいなと思いますけど、しっかり切り替えて準備したいと思います」