5日に行われたFIFAワールドカップ・カタール2022のラウンド16、日本代表はPK戦の末クロアチア代表に敗れ、大会を去ることになった。

試合後、『ABEMA』のフラッシュインタビューに対して守田英正は以下のように話していた。

守田英正

「悔しい大会でした。もっと成長しなければいけないと思いますし、チームを勝たせるような選手にならないといけない。

こういったゲーム展開の中で、僕の個人のパフォーマンスとしては特に良くはなかった。良ければ勝っているはずなので。より今後のパフォーマンスを上げていかなければいけないと思います。

次の大会に向けて、1日1日無駄にできないです。敗戦したばかりで切り替えるのはとても難しいですけど、これからワールドカップに向けて良い準備をしていくべきです。

この死のグループといわれた組を突破できたのは、僕たちのパフォーマンスだけでなく、国民の皆さんが応援してくれたおかげだと思っています。

残念ながらベスト8という目標には届かなかったですが、僕たちがいいプレー、良いサッカーをすれば、強豪国相手にいい戦いができて勝てるということは証明できました。

このまま引き続き日本サッカーをより向上させていって、僕自身もいい関わり方をしていきたいです」

【写真】W杯で決戦!「クロアチア代表、日本人と同僚だった選手たち」

大会前の負傷もあってやや不運なワールドカップとなってしまった守田英正。これからの4年間で大きな成長を期待したい。