毎週木曜夜に『DAZN』で配信されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回はサブMCの野村アナが体調不良のために休養となり、その代役としてかつて「やべっちFC」を担当していた竹内由恵アナウンサーが急遽出演することになった。

そして、番組では今回開幕が近づいたU-20アジアカップの話題も。ゲストの槙野智章が、現在U-20日本代表でロールモデルコーチとして指導や招集に関わっている内田篤人に「若い選手のスカウティングの仕方」を聞くと…。

槙野「うっちーが見る、若手の『いい選手の秘訣』って何?自分が見ている部分は」

内田「技術的なものってもちろん大事なんだけど、だいたい『消える』じゃない。A代表まで行かない」

槙野「早熟と言われているタイプ?」

内田「どうやって選手が今後…『伸びしろ』というか。『今は全然完成されていないし、体も細い。だけどこういうところが伸びて、ここを試合で経験して自信を持ったら、グッと行くな』とか。

そういうところを見る。走っているときにお尻が落ちていないかなとか。俺はそういうのを見てる。

能力的なものだよね。体の。バネがあるかなとか。サッカーというよりは、そっちばっかり見てるね」

槙野「現役で経験しているからこその視点だよね」

【関連記事】「サッカーが好きじゃない」と公言した名選手たち

内田篤人はサッカーの技術的なところよりもフィジカル的な部分に目を向けており、これからの伸びしろを考えたスカウティングをしているという。

【厳選Qoly】日本代表、「呼んでほしいが呼ばれたら驚き」な国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら