4月12日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、マンチェスター・シティ対バイエルン・ミュンヘンの1stレグが行われた。

前半にロドリの一撃でシティが先制すると、後半にもベルナルド・シウヴァとアーリング・ハーランドが追加点を奪取。3-0でシティが大きな勝利を手にした。

バイエルンはDFダヨ・ウパメカノのミスから追加点を許すなど苦闘。試合後、ヨシュア・キミッヒはこう述べていた。

「これはかなり痛い。60分まではとてもよかった。

2失点目以降はミスが多くなり、多くのチャンスを与えてしまった。本当に厳しい夜だった」

「3-0の敗戦はバカバカしく聞こえるが、今日の我々は彼らとやり合えること、勝利することが可能であると見た。

2ndで何かを得られるという自信は自分にもチームにもある」

一方、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は「65分まではタイトな試合だった。試合の一部では、相手のほうが我々よりもよかった。ポケットをコントロールできなかった、特にジャマール・ムシアラとセルジュ・ニャブリをね。欧州でこういうチームをノックアウトするには、いい試合1試合だけでなく、2試合する必要がある」とコメント。

【関連】最強バイエルン、『暗黒時代のベストイレブン』がこれ

その2ndレグは20日にミュンヘンで行われる。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら