労働党議員

「アルフ=インゲが財を成すことができたのは、地域社会が彼と息子にずっと寄り添ってきたからだ。

ノルウェーのスポーツ運動のおかげで、トレーニングを受け、プレーをして、キャリアを築くことができた。

その努力の報いが世界最悪のタックスヘイブンのひとつに移住するというのは本当にとんちんかんな話。

スイスは単なる低税率国でない。Financial Secrecy Indexの指数で、スイスは財務秘密と脱税でワースト2位にランクされている。

ハーランドは地域社会への感謝の気持ちを込めて、税金でノルウェーに貢献するべき。

スポーツ界では、ボランティアのコーチがいたり、キオスクに立ったり、ワッフルを揚げたり、全体で盛り上げてきた。彼は彼ら全員の努力に報いるために税金を収める義務がある」

ノルウェーで税金を納めて、母国に還元するべきと指摘されているようだ。

【関連記事】1位はメッシでも大谷同僚でもない!世界で最も金を稼ぐ最強スポーツ王10人

同紙では、同じくタックスヘイブンであるルクセンブルクで設立された3つの会社の背後には、アルフ=インゲ、アーリン、そして、彼らの財務アドバイザーであるエギル・エステンスタ(アルフ=インゲと代表で同僚だった元選手)がいるとも伝えている。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら