三笘薫が所属しているイングランド・プレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンは、「リヴァプールからMFジェームズ・ミルナーを獲得した」と公式発表した。

ジェームズ・ミルナーは今年37歳。リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は彼の残留を求めていたものの、クラブの上層部がそれを拒否して契約は満了を迎えた。

そして今回新たな挑戦に向かうことが許可され、フリーエージェントでブライトンへと加入することが決定した。

ロベルト・デ・ゼルビ監督は「彼は我々にとって素晴らしい補強選手であり、我々をさらに高いレベルへと引き上げてくれるだろうと確信している」と話している。

契約については1年間で、さらに1年延長することができるオプションが付随しているとのことだ。

ジェームズ・ミルナー

「幸運にもいくつかのオファーがあったが、ブライトンからのものは非常に興奮した。このクラブが短期的にも長期的にも歩んできた道のりを見れば、とても印象的だからね。

ブライトンのサッカーは傑出している。素晴らしい選手たちと、エキサイティングな監督がいる。

ロベルト・デ・ゼルビとは何度か話したよ。彼はすごい監督だ。前向きで、チームを戦わせる素晴らしい方法を持っている。絶対的な自信があり、チームを愛している。

現役を終えたら次のステップがどうなるかわからないが、指導者のライセンスを獲得したいし、それが自分の選択肢になるかもしれない。

新しい監督の下で知識を広げて経験を積みたいと思っているよ。それが大きな魅力だった。誰もが常に学び、改善したいと思っている」

【関連記事】「ブライトンからビッグクラブへ」辿り着いた7名の選手たち!覚えてる?

なお、リヴァプール時代に続いて同僚となったララーナは「彼はプロフェッショナルの鏡のような選手。チーム全体を助けられる存在だ」と加入を歓迎しているようだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」