2024年の開業に向けて順調に工事が進むサンフレッチェ広島の新スタジアム「エディオンピースウイング広島」。

その内装イメージが公開された。広島テレビ(HTV)が伝えている。

今回公開されたのはスタジアム内部のイメージパース。コンコースエリアや観戦エリア、競技者エリアが17枚の画像で紹介されている。

注目は1階のトンネルラウンジ。入退場する選手をガラス越しに見ることができる特別感のある空間を整備される。

工事の進捗率は8月末時点で8割。スタジアムの完成と広島市への引き渡しは12月28日になる予定だという。

【関連記事】サンフレッチェ広島の「歴代最高ユニフォーム」7着!“ACL”は世界レベルの名作デザイン

なお、スタジアムに隣接する広場エリアの商業施設名称は「HiroPa(ヒロパ)」に決定している。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★