今年で38歳になったクリスティアーノ・ロナウド。今月行われたポルトガル代表戦で2試合連続2ゴールの活躍を見せた。

2023年に決めた得点数は40となり、世界1位となっている(代表戦で9点、アルナスルで31点)。

『Record』などによれば、姉カティアさんは弟ロナウドの活躍にこんな反応をしていたそう。

「38歳の彼が2023年の世界得点王。20代の選手よりも上…。

本当のところ、クリスティアーノはせいぜい28歳ね(母親が間違えたのよ)。

38歳のアスリートが彼のようなプレーをするのは不可能。彼の能力は信じられない。

30歳になってからポルトガル代表で73ゴールを決めてきた。

これはドイツやフランス、イングランド、スペインなど187か国でも歴代最多得点者になる。

小さな偉業ではないでしょ?私たち全員がクリスティアーノ・ロナウドを讃えなければいけない。

ありがとう。33~34歳の選手はサッカー選手として年寄りすぎるという常識をまた覆してくれた。

彼らはあなたの歴史、出自、素質について何も知らない。ただそう考えているだけ。

あなたは信じられないくらい特別。運命づけられている。

(まだ終わっていない)あなたの物語を誇りに思う。その一部になれたのも誇り。この胸には収まらないほどの感動と誇り。超現実」

年齢詐称とジョークを交じえながら、38歳とは思えない活躍だと絶賛していたようだ。

【関連記事】残念ながら「ピークを過ぎた」世界的スター選手、5名

ロナウドは42歳まで現役を続けるつもりという話があるが、果たして。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら