近年、財政難に苦しんでいるバルセロナ。

『Marca』によれば、UEFAはバルサに対して50万ユーロ(8017万円)の罰金処分を科したとのこと。理由は、2022年度に無形資産処分による利益を虚偽申告したこと。

【関連記事】メッシが「最後にバルセロナでプレーした試合」スタメン11人

バルサは今年7月に下っていたこの裁定は控訴してたが、UEFAのクラブ財務管理機関は一審と同様の判断を下した。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら