25日に行われたプレミアリーグ第13節、マンチェスター・シティ対リヴァプールの頂上決戦。

エディハド・スタジアムでの一戦は、1-1の痛み分けとなった(3位だったアーセナルがブレントフォードに勝利したため一気に首位へ浮上)。

アーリング・ハーランドの得点でシティが前半に先制するも、終盤にトレント・アレクサンダー=アーノルドのゴールでリヴァプールが引き分けに持ち込んだ。

熱戦が終了した直後には、こんなシーンもあった。

リヴァプールFWダルウィン・ヌニェスがジョゼップ・グアルディオラ監督に詰め寄ると、ユルゲン・クロップ監督がそれを制止していたのだ。

【関連記事】「グアルディオラ監督から離れてから成功した」6名の男

試合後、クロップ監督は「自分が説明すべき人物なのかは分からない。(いつもはヒートアップするが)驚くことに私は全くかかわっていないからね。私は2人とも大好きだ。なので、事態を落ち着かせようとした。(ヌニェスの)言葉が分からなかったので、何が起きたのか全く分かっていなかったけれどね」とこの件についてコメント。一方、ペップは「何もなかった。彼は私よりも強いよ(笑)」と話していた。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら