レアル・ソシエダは27日に行われたラ・リーガ第14節セビージャ戦に2-1で勝利した。

久保建英は先発から84分プレー。終盤には相手DFセルヒオ・ラモスのパスをカットして大チャンスを迎えるシーンもあった(動画6分43秒から)。

ラモスと競争になった久保は決定機を迎えるもシュートが弱くGKに阻止されてしまうと思わずうなだれていた。

この前に久保を倒してイエローカードを貰っていたラモスは、この直後にブライス・メンデスを倒すと退場を宣告されている。

【関連記事】日本人最強の久保建英と三笘薫と同じ80億円の価値を持つ世界的スターはこの21人

『ElDesmarque』では、「これまでの試合ほどではなかったものの、守備でもソリッドだった。いい個人技もあったが、シュートがクロスバーに嫌われる場面も。その後の決定機もGKに阻止された」として久保に7点の評価を与えていた。

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら