115件の財務規定違反で告発されているマンチェスター・シティ。その裁判の日程が来年秋からスタートすることになったとのこと。

イングランド・プレミアリーグは2018年からこの事件の捜査を開始し、今年2月に115件の財務規定違反でマンチェスター・シティを告訴した。

『Daily Mail』によれば、今回その両者が裁判の日程について合意し、2024年の晩秋から開始されることになったという。

状況に詳しい関係者の証言によれば、おそらく現在は数多くの証人から事情を聞いている段階にあり、これは来年春まで続けられるそう。

そして裁判が予定通りに進めば、ちょうどジョゼップ・グアルディオラ監督の契約が切れる2025年夏ごろにその判決が下されるとのこと。

【関連記事】ハーランドがいない!ドルトムントの「最高額で売った5名のスーパースター」

ただ、これらの手続きがさらに遅れていく可能性は十分にあり、その後も両者が控訴を行うことができる。そのため完全に結果が出るのはさらに先のことになりそうだ。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★