5日に開催された2023Jリーグアウォーズ。

2023年のJリーグ最優秀選手賞に選ばれたのは、優勝したヴィッセル神戸のエースとして活躍した大迫勇也。これで得点王を含めて3つのタイトルを総ナメすることになった。

その受賞を受けて、大迫勇也は以下のように話していた。

大迫勇也

「まずはヴィッセル神戸の選手、スタッフ、いつも支えてくださっているスポンサーの皆様、どんなときも応援を続けてくださったサポーターの皆様、一年間一緒に戦って頂きありがとうございました。

ヴィッセル神戸のJ1初優勝、その素晴らしい歴史に関わることができて本当に嬉しく思います。

34試合、その1試合たりとも簡単なものはありませんでした。毎日毎日努力を続けて、練習を続けて、最後の最後まで刺激ある日々を送れました。

Jリーグで対戦した他の17チームの皆様、ありがとうございました。今日これでJリーグ優勝、最優秀選手賞、得点王と獲得することができて、素直に嬉しいです。

引き続き努力を続け、来年もこの賞を取れるように頑張りたいと思います。

そして最後に家族へ。あまり一緒にいる時間はなかったんですけど、サッカーに集中させてくれてありがとう。本当に感謝しています。

これからオフなので、少しどこかへゆっくり遊びに行こうね。本日は本当にありがとうございました」

【関連記事】いま破竹の勢いで連勝中の日本代表、その“圧倒的強さ”を支える「中心選手」といえば…この5名

サプライズで登場した家族の前で感謝の言葉を述べた大迫勇也。サッカーに集中する環境を作ってくれたことは、今季の活躍においてとても大きい要素であったようだ。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名