かつてカズこと三浦知良も在籍していたオーストラリア1部シドニーFCは2日、「ハーバースプラッシュ」と名付けた2023-24新サードユニフォームを発表した。

今回は海がテーマの美しきグラフィック。キットサプライヤーは19-20シーズンからUnder Armourで継続している。

Sydney FC 2023-24 Under Armour Third

シドニーFC 2023-24 Under Armour サード “ハーバースプラッシュ” ユニフォーム

23-24新サードユニフォームはダークネイビーを基調にアクアブルーを組み合せ、ホームタウンのシドニーの象徴で街の中心とも言えるシドニー港にインスピレーションを得たデザイン。

背面の裾部分にはクラブのモットー“WE ARE SYDNEY”をレタリング。シドニーの盟主は自分達だという意思表示にも見える。

この2つのユニフォームは23-24シーズンのホーム(左)とアウェイ。扇状の極細ストライプに薄っすらと幾何学的な模様を落とし込むが、これはシドニー港周辺の名所シドニー・オペラハウスをモチーフとしたもの。

シドニー湾に面するこの街の港周辺にはオペラハウスやハーバーブリッジ等の美しい建物が並び立つ。サードユニフォームには、そんな街の港の“海の水しぶき”を描いている。

今回の海デザインのサードとホーム・アウェイはセットとなっていて、3つのユニフォームでシドニー港という一つのテーマが完成する。それにしてもシドニーのブルーはどれも色が美しい。

【関連記事】代表チーム、史上最高に美しき「青のユニフォーム」5選

シャツのグラフィックはよく見ると一つ一つのが微妙に異なるのが面白い。そんな「ハーバースプラッシュ」サードユニフォームはクラブ公式オンラインストアで販売中。

今では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。“あの頃”を思いだす数々のユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」