サウジアラビアのアル・ナスルでプレーするクリスティアーノ・ロナウド。

13歳の息子クリスティアーノくんもクラブのU-13チームでプレーしており、先日には13歳以下のトーナメントで優勝した。

18日に行われたアル・ナスル対アル・ファター戦前にはU-13チームの子たちがトップチームの選手たちから祝福されるシーンもあった。その様子がポルトガルで話題になっている。

ユース選手たちはトップチームのスターたちとハイタッチを交わしていたが、7番をつけたクリスティアーノくんはその列には加わらず。

『Record』や『A Bola』によれば、ロナウドは「クリス、こっちに来て、父さんにキスをしてくれ」と声をかけたものの、クリスティアーノくんはそれに応じなかったとか。そういうことが恥かしい年頃なのかも?それとも単に距離的な問題だったのかもしれないが。

10代で父になった7人のスター

息子に塩対応された父ロナウドだが、アル・ファター戦でゴールを決めて、2-1の勝利にしっかり貢献している。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら