オランダ1部のスパルタ・ロッテルダムでプレーする斉藤光毅と三戸舜介。

3日に行われたエールディビジ第28節フィテッセ戦でアベックゴールを決め、4-1の勝利に貢献した。

前半7分、斉藤のクロスから最後は三戸が左足のシュートを突き刺して先制。前半43分には斉藤がボックス内でのキレのある動きからチーム3点目となるゴールを決めている。

試合後、2人は喜びを分かち合っていた。

水戸を斉藤がおんぶ!

斉藤は「おんぶする側になりました!(笑顔の絵文字)」、三戸は「重くなかったかなー?良い景色を見せてもらいました(笑顔の絵文字)」とInstagramのストーリーに綴っており、すっかり仲良しになっているようだ。

チームメイトなのにメッチャメッチャ仲が悪かった7組のスター

ちなみに、斉藤の身長は170cm、三戸は164cmほど。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら