JリーグYBCルヴァンカップは9日、プレーオフラウンドの第2戦が各地で行われた。

10チームがホーム&アウェイで対戦し、勝利した5チームがプライムラウンド(準々決勝)へ進む重要な一戦。各試合の結果は以下の通りとなった。

FC町田ゼルビア 2-2 セレッソ大阪
※2戦合計5-3で町田が準々決勝へ

カターレ富山 1-2北海道コンサドーレ札幌
※2戦合計3-2で札幌が準々決勝へ

名古屋グランパス 1-0 柏レイソル
※2戦合計2-1で名古屋が準々決勝へ

V・ファーレン長崎 1-1 アルビレックス新潟
※2戦合計3-2で新潟が準々決勝へ

サンフレッチェ広島 3-1 FC東京
※2戦合計5-2で広島が準々決勝へ

J3で唯一勝ち残っていたカターレ富山は、終了間際に碓井聖生のゴールで1点差に迫ったものの、北海道コンサドーレ札幌に競り負けて初の準々決勝進出を逃した。

J2のV・ファーレン長崎もホームでオウンゴールにより先制したものの、80分に長倉幹樹の同点弾を浴びて力尽きている。

この夏、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち(2024年版)

プライムラウンド進出は、プレーオフを勝ち抜いたFC町田ゼルビア、北海道コンサドーレ札幌、名古屋グランパス、アルビレックス新潟、サンフレッチェ広島の5チームに、ACLのノックアウトステージに出場していた横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、ヴァンフォーレ甲府を加えた8チーム。

準々決勝の組み合わせ抽選は7月2日に行われる。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名