7月28日、『Kingfut』は「ベルギー1部リーグのアンデルレヒトは、アル・アハリに所属しているエジプト代表FWマフムード・ハッサン”トレゼゲ”の獲得に向けて最終的なオファーを送った」と報じた。

今夏エジプトのなかでは最も大きな噂の一つとなっているトレゼゲの欧州移籍の問題。クラブは適切なオファーがあれば売却も厭わないと発表していたが、これまで多くのクラブとの噂がありながらも合意には至っていない。

アンデルレヒトはトレゼゲの獲得に強く興味を持っているクラブの一つであると言われ、GMを務めるヘルマン・ヴァン・ホルスベーク氏もエジプトを訪れて交渉を行っていると報じられてきた。

そして今回トレゼゲの代理人を務めているヤヒア・アリ氏が自身のツイッターで『アンデルレヒトは、本日アル・アハリにトレゼゲ獲得に向けた最終的なオファーを送った』と発表。

現在のところクラブ間の交渉の進行については伝えられていないものの、エジプト最高の若手と言われているトレゼゲが欧州に進出できるのかどうかは数日中に結論が出そうだ。