フットサル界のスーパースターで、名古屋オーシャンズでも活躍した“天才”リカルジーニョ。

このほど、自身のプレーを紹介する映像をFacebookに投稿していたのだが、そのなかにあったテクニックがなんだかスゴかった。

Palavras para quê? A remontada de sonho e com magia!!Rumo ao TRI!!R10
Posted by Ricardinho10 on 2015年10月17日

これは自身が所属するインテル・モビスター対エル・ポソ・ムルシア戦でのプレーであるよう。

右サイドでボールを持ったリカルジーニョは、軽やかなタッチでまず相手選手を1人かわす。そして2人目も抜きにかかったのだが、その時のテクニックが流石であった。

相手のスライディングタックルに対して目にも止まらぬ速さでボールを“引き”、相手を華麗に抜いたのだ。一瞬、何が起きたかサッパリ分からない…。

この映像では直後に別アングルからのスローの様子が収められており、これを見てようやく引き技であったことが分かる。もはや相手選手成す術なし、という感じである。

それにしても、どれだけ練習を繰り返せばこれほど高速な引き技を習得できるのだろうか…。