18日、リーガ・エスパニョーラのバルセロナは「アスレティック・ビルバオ戦で途中交代したリオネル・メッシについて、ハムストリングの異常は認められなかった」と発表した。

17日夜に行われたアスレティック・ビルバオ戦で6-0と大勝したバルセロナ。しかしその一方でジョルディ・アルバ、そしてリオネル・メッシが怪我によって交代しており、今後の状態が心配されていた。

先制点をペナルティキックで決めたメッシは、ハーフタイムにアルダ・トゥランと交代。その怪我はおそらくハムストリングではないかと言われ、重ければ数週間の離脱になるとも推測された。

しかし検査の結果彼のハムストリングには異常が見つからなかったとのことで、次の試合に出場できるかどうかは不明であるものの、心配するようなものではないと報告されている。

一方、ジョルディ・アルバに付いては右のハムストリングに負傷が認められており、月曜日に検査が行われる事になっている。およそ10日間の離脱になる事が予想されている。