イングランドサッカー協会(FA)は、賭け行為に関して違法行為を犯したジョーイ・バートンに対し処罰を言い渡すと発表した。

今季スコットランド・プレミアリーグのレンジャーズに加入するも、練習場でアンディ・ハリデイと衝突して追放されたことで話題になったバートン。

さらにその後、7~9月の間サッカーの試合に44回のお金を賭けたとして起訴され、出場停止処分を受ける。11月には契約が解除され、フリーになっていた。

先日は昨季所属していたバーンリーへの入団に近づいていることが伝えられており、またバートンがピッチに戻ってくるかと思われた。

しかし今回イングランドにおいても彼のギャンブルについて捜査が行われ、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、サッカーの試合に1260回もお金を賭けていたことが発覚した。

バートンにはこの起訴に対して来年1月5日まで控訴する権利が与えられている。彼がそれを行わなかった場合はその時点で何らかの処分が下されることになる。