来年のワールドカップに出場する32か国が決定してから初となるFIFAランキングの発表があった。

『BBC』が注目していたのは、イタリア代表と地元イングランド代表の順位。

スウェーデンとのプレーオフに敗れて60年ぶりにワールドカップ予選敗退となったイタリア。だが、先月からは順位が1つ上がり14位に。

一方、ワールドカップ出場を決めていたイングランドだが、ドイツとブラジル相手の親善試合に引き分け。その結果、3つ順位を下げて15位に。

W杯欠場となるイタリアに抜かれたことが英国では話題になっているようだ。

なお、スウェーデンは7つ順位を上げて18位となった。