ももいろが大きな話題になっている。

サッカーでピンクのチームはそれほど多くはない。世界的にも非常に珍しい存在であると言える。

今回はそれらのチームを「卒業」して世界的な選手になった者をピックアップ!

パウロ・ディバラ

oパウロ・ディバラ パレルモ
パウロ・ディバラ ユヴェントス

世界的に最も有名なピンクのチームと言えば、もちろんイタリアのパレルモである。

オーナーの曲者ぶりだけでなく、独特の選手獲得方法、そして適切な時に売りに出すセンスを持っている。

その中での「最高傑作」といえばパウロ・ディバラにほかならない。インスティトゥートから2012年に864万ユーロ(およそ11.6億円)で獲得され、パレルモで大活躍を見せた。

そして2015年夏には3200万ユーロ(およそ43億円)+800万ユーロ(およそ10.7億円)のボーナスという大きな条件でユヴェントスへと移籍。「NEXTメッシ」の最有力候補として世界的なタレントに成長した。

【次ページ】やっぱりパレルモがでかい…