ワールドカップ後のイタリア代表の指揮官がフィオレンティーナのチェーザレ・クラウディオ・プランデッリ監督に決定した事をFIGCが発表した。契約期間は4年。

噂通り新生アッズーリを率いるのはプランデッリで決定。マルチェロ・リッピ退任後の4年間をフィオレンティーナを強豪へ育て上げたプランデッリに託す事となった。なお、今回の代表監督就任に伴ない、フィオレンティーナへFIGCから違約金が支払われるとの事。