ドイツ現地紙の報道によると、ドイツ代表MFメズト・エジルの獲得を考えていたとされるチェルシーは既にその計画を諦め、他の選手に照準を変更したらしい。

新たなターゲットは、これもまたドイツ代表のサミ・ケディラ。攻守両面で活躍するそのエネルギッシュなスタイルは、監督カルロ・アンチェロッティが好むプレイスタイルの一つであることは言うまでもないが、問題はシュトゥットガルトに放出する意思があるかどうかだろう。