「アーセナルの指揮官アルセーヌ・ヴェンゲルは、これまで第一GKを務めてきたマヌエル・アルムニアの力を心底から信頼していないのではないか」とよく言われてきたが、やはり、このポジションにテコ入れを行うようだ。

Il Friuli/Udineseblogは、ウディネーゼのゴールキーパーで、W杯でもスロベニア代表として活躍したサミル・ハンダノヴィッチがアーセナルとの契約のためにロンドンに向かったことを記載。そして、それと同時に、キエーヴォからステファノ・ソッレンティーノを後釜として迎え入れるだろうと伝えた。